庭木 伐採 相場

庭木の伐採の相場はどれくらいか☆安い業者を選ぶ方法と注意点

庭木の伐採の相場を知りたいあなたへ。
庭木の伐採ってあまりやるものではないので、どれくらいの価格で頼めるのかご心配かと思います。

 

庭木を切りたいけど、自分で行うのは手間が掛かるし、危険性も少なからずあるし、業者に頼むのがイイと思うが費用がどれくらい掛かるか気になるとお考えかもしれません。
費用は安いに越したことはありません。
しかし、価格の安さだけにこだわると思わぬ落とし穴があるかもしれません
安い業者を選ぶ方法と注意点をご確認なさりたいと思いませんか?
このサイトが庭木の伐採にかかる費用の相場をチェックするのにお役立ちになればと思います。

 

相場を調べる

庭木の伐採に掛かる費用は、業者によって異なることがありますが、基本的に伐採する庭木の高さや太さと伐採の難易度などによって決まります。
また、伐採に関わる機材の種類な人材の人数によって異なってきます。
大木の伐採にかかる費用のほうが低木より高くなります。
庭木の高さや太さが全く同じサイズであっても、生えている場所や環境によって伐採の費用が変わってきます

つまり、庭木の高さなどのサイズで単価が決まっていて金額を決定することは出来ません。
伐採の相場はあくまで相場であり、あなたのお庭の状況か環境によって費用は変わってしまうことがあります。

 

例えば、お庭が平坦な土地にある場合と山の頂上にある場合では同じサイズの庭木でも伐採の費用は異なります。

 

庭木の伐採の相場は環境や状況によって異なります。
それでは、どのように費用を調べるのかというと、庭木の伐採が出来る業者に見積りを出してもらう方法があります。
また、いつくかの業者を比較したい場合は、相見積もりを出してもらうことによって比較して検討をすることが安い業者を探すことが出来ます。
見積りを出してもらって、比較することであなたのお庭の環境や状況に照らし合わせた相場を知ることが出来ます。

 

庭木の伐採を業者に依頼する時に注意をすることがあります。

 

それは、
伐採の費用だけ見ないほうがいいということです。

 

伐採費用が安いからといって安い業者と決めない方がいいかもしれません。
庭木の伐採には木のサイズにもよりますが、伐採に関わる人数や重機の有無、伐採した木材を運ぶのかそうでないのか、伐採以外にかかる費用も確認をする必要があります。

 

この注意点に関しては、庭木の伐採の業者に見積りを出してもらった際に確認をすることが出来ます。

 

見積りが出せるサービス

庭木の伐採の相場を調べる時は、見積りを出して比較検討してゆくことがよい方法です。
ここでは、庭木の伐採の見積りが出せる業者を案内するサービスをご紹介します。

 

伐採110番

伐採110番は24時間365日受付中のサービスです。
あなたのお住まいの地域にある加盟店を紹介してくれます。

 

[特徴]

  • 24時間365日受付中
  • 年間受付件数は20万件以上
  • 相見積もり歓迎
  • 見積り、現地調査は原則無料
  • 伐採のプロを派遣
  • 安心の明朗会計

 

相見積もりを依頼出来ます。
また、お庭の状況によりますが、原則的に見積りや現地調査は無料となっています。
料金は設定は分かりやすくなっていて、安心の明朗会計です。

 

年間受付件数は20万件以上と実績があります。
伐採のプロが庭木を1本から切りますので安心して任せられます。
24時間365日受付中ですので、いつでも思いついた時に申し込みが出来ます。

 

 

<申し込みの流れ>
@問い合わせフォームに必要事項を入力します。
A現地の状況を拝見して詳細な見積もりを作成します。
※現地調査と見積もりは基本的に無料です
B見積もりを踏まえてご検討出来ます。
C作業日を確定します。
D伐採のプロが作業開始。
E庭木の伐採を確認した後に代金の支払い

 

 

伐採110番に問い合わせや見積りの依頼をする際はこちらをご覧下さい。
問い合わせフォームに必要事項をご入力下さい。

↓      ↓      ↓

 

庭木を伐採する費用を見積もりを出してもうらうことで、相場も分かりますし木を切ること以外の諸作業についても確認をすることが出来ます。

 

庭木の伐採を自分でやる利点と難点

庭木の伐採を安く済ませるのは、業者に頼まないで自分でやる方法があります。
自分で伐採をする際の利点と難点とはどんな点があるのでしょうか。

 

庭木の伐採を業者に頼まないで自分でやる利点は費用が安いということです。
業者に頼んだ場合、費用が掛かります。
自分でやればその分の費用は掛かりません。
しかし、伐採のための道具がない場合は、買い揃える必要があります。
チェーンソー、のこぎり、防護眼鏡、ロープ、滑車、ヘルメットなどが必要になります。
もしくはレンタル出来れば買い揃える必要はありませんが、いずれにせよ費用は掛かります。

一方で難点はどんな点なのでしょうか。
まず、作業をしなくてはいけません。
伐採のやり方を分かっていないと、意図しない方向に木が倒れることがあります。
木が倒れた方向に人がいたり、建物があったりすると危険です。
また、隣の家の方向に倒れるとトラブルになる可能性があります。

 

倒した木を処分しなくてはいけません。
伐採した木を細分して処理をする必要があります。
処分をするのに費用がかかることもあります。

 

庭木の伐採を自分でやるのは利点と難点があります。
庭木の高さや太さによって状況は変わってきます。
ご自身の身長くらいの庭木なら自分で伐採をしても危険性は低いかもしれませんが、身長より高い木を伐採する際にはリスクが高まります。

 

業者に伐採を頼むのと、ご自身で伐採するのがどちらが安いのか比較検討をしてみるとよいのではないでしょうか。

 

根の伐採まで考える

庭木の伐採を業者に頼む際に、料金の見積書を取ったほうがいいのです。
その際に庭木の根の伐採の費用も含まれているか確認をしてください。

 

庭木を伐採したあとの切り株や根をそのままに放置しておくのなら抜根まで気にする必要はありませんが、庭木を切ったあとで建物を立てたり、新しい庭木を植えたりする時は、前の庭木の根は邪魔になります。
古い庭木の切り株などがそのまま放置してあると、新しい庭木が吸い取るはずの地面の養分を古い切り株が取ってしまうことがあり、新しい庭木に十分栄養が回らなくなる恐れがあります。
また、伐採しない切り株や根ににシロアリなどの害虫などが巣を作ってしまうと駆除をするのが大変になることがあります。

 

自分で抜根できるのか

庭木の伐採と同時に抜根を業者に依頼すると費用が発生します。
相場は、木の大きさや太さや庭の状況によって異なります。

 

では、自分で抜根をすることが出来るのでしょうか。
樹木は風雨に耐えられるようにしっかりと根を張っています。
庭木を自分で伐採できても、根を抜くのはなかなか難しい作業になるのではないでしょうか。
特に手作業で抜根をするのはなかなか難しいと思います。
低い庭木でも根はしっかりと張っています。
また、伐採した切り株の処理のことも考えなくてはいけません。
切り株の処理にもコストがかかります。

 

隣人はあなたの庭木の枝を切れない

隣の家まで伸びた木の枝を隣の住民は勝手に切ることが出来ません。

庭木の枝が隣の家まで伸びていると、葉っぱや花びらが落ちたり、種子が落ちたり、虫が落ちたり、木の陰になってしまっていたりするとご近所トラブルになりかねません。
また、庭木の枝が道路に伸びていると、通行車や通行人に迷惑が掛かります。
そのような場合は、早めに伐採や剪定をしたほうがよさそうです。

 

 

 

 

更新履歴
page top